Placeholder image

事務局便り

トップページに載せました写真の解説とともに、事務局便りをお届けします。

金沢百万石まつり  第2号(6月14日)

百万石行列 出発式

加賀百万石の礎を築いた前田利家は、天正11(1583)年6月14日に金沢城に入城したとされます。以前は、その6月14日に百万石行列があり、金沢市の小学校は休校でした。しかし、その日は梅雨で天候を心配しながら開催することが多く、現在は6月の最初の土曜日に行われています。
金沢百万石まつりは、金曜~日曜の3日間開催され、土曜日午後、金沢駅の鼓門(つづみもん)前での百万石行列出発式では、最初に太鼓打ち鳴らしが披露されます(写真)。石川県には大きな和太鼓の制作で有名な楽器店があり、演奏者の育成にも力を注いでいます。

百万石行列 赤母衣衆

百万石行列は、金沢駅から金沢城までを長い行列が、様々なパフォーマンスを披露しながら練り歩きます。中には、息をのむような「加賀鳶はしご登り」を披露してくれる、金沢市消防団の行列もあります。火消しといえば江戸の華。東大の赤門は、加賀藩前田家の御守殿門だったものです。加賀鳶は前田家江戸屋敷で仕えていて、明治になって金沢に移り住み、伝統の技を今に伝えています。
背中の大きな赤い母衣(ほろ)が目立つ赤母衣衆も目を引く行列です(写真)。母衣は矢を防ぐためのもので、前田利家は、織田信長の赤母衣衆の筆頭として活躍しました。会場近くの尾山神社には、おまつの方の石像とともに、「槍の又左」として知られた母衣姿の利家像があります。

加賀友禅燈籠流し

百万石行列の前日には、金沢の東を流れる浅野川で燈籠流しが行われます。浅野川では、長い反物を流れの中に並べ、生地についた糊や余分な染料を洗い流す友禅流しが行われてきました。染色団地で作業が行われるようになり、今ではめったに見かけなくなりましたが、加賀友禅とゆかりの深い川です。川への感謝と加賀友禅に携わってこられた故人を偲び、夜の浅野川に約1200の燈籠が漂います。


 

(写真提供:金沢市)